水彩画教室

水彩画教室に通わなくても自宅でラクラク短期上達の水彩画通信講座

商品名

プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座3弾セット(色塗り編・デッサン編・応用編)

 


詳細はこちら

 

商品内容

水彩画というと「小学校の頃の絵の具」を使えばいいの?と思うかもしれませんが、プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座3弾セットで使う絵の具は「透明水彩」という絵の具です。固まっても何度でも水で溶いて使えるのが特徴で3年間出しっぱなしでも大丈夫なくらい、一度買っておくと楽ちんな絵の具になっています。このプロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座3弾セットでは、他の教材とは異なり、水彩画を描くために必要な道具について、初めてだからこそ知っておいて欲しい筆の選び方、絵の具・パレットはどんなものを使えばいいのか、水彩画を描くのに適した用紙の選び方、絵を描きやすい道具の配置、屋外で絵を描くときにあると便利な道具を1から丁寧に指導してくれます。

 

 

色塗り編では、筆の使い方、影の作り方を学ぶ際、同じピンクでも細かい色の違いによって立体感を出していきます。先生はどんな手順で、どんな色を使っていくのか。塗り始めから完成までノーカットでしっかりコツを掴めます。基本的な筆づかい、色塗り方法はもちろん、モチーフの明暗を色で塗り分けて立体感を出す花の鮮やかさを表現するコツ、を学ぶ茎や葉の表面の質感を筆づかいによって表現するこつ、花と茎の境目を自然に表現するコツなどを学ぶことができます。

 

 

 

「風景画」を学ぶときには、空の塗り方、近くのものと遠くのものを上手に描く方法などなど、プロならではの解説してくれます。雲がある空に色を塗るコツ、色作りを工夫して遠くにある山を表現するこつ、中間にある山を表現する方法、近くにある山の木々の様子を表現する方法、を田んぼの稲が生える様子をカンタンに表現する方法、色づかいによって田んぼが何枚もあるように見せる表現方法、遠くにある家並みを表現して風景画に奥行きを出すコツ、同系色を上手に塗り分けて、鮮やかな風景画を完成させるコツを学べます。

 

 

 

水彩画の色塗りで、描くのが難しいと言われる「水辺の絵」についても学べます。一見、同じような色味の空と海ですがよくよく見ていくと全く違います。雲のない空をワンランク上の絵に見せる塗り方、塗り方に変化をつけて遠くに広がる海の様子を表現する方法、カンタンに砂浜らしく見える表現方法、光の方向を意識して、ワンランク上の風景画を描くコツ、ゴツゴツとした岩肌を上手く表現する方法、白い橋を水彩画で描く驚きのテクニックなどを学ぶことができます。

 

 

 

他にも、生き物を描くポイントも色塗り編では学べます。

家族の一員であるワンちゃん、ネコちゃんを描きたい、という要望に応えてくれているのもこの教材の特徴です。 動物を活き活きと描く方法がわかります。特に「毛並み」「目」というのはポイントになります。毛並み一本一本まで描ききる楽しさを味わうことができます。白い毛の部分には〇〇色を塗って、毛並の感じを表現する毛の色が変わる境目を水彩画のテクニックを使ってカンタンに表現するたった3つのポイントを意識するだけで生き物に命が吹き込まれます。イヌを生き生きと描くコツ、上手く筆を使い分けて顔の細かい部分や毛並を塗るコツを学べます。

 

 

デッサンの道具についても学べます。デッサンと言うと鉛筆ですが、よく使っていたHBやBの鉛筆ではありません。ここで使うのは画家の愛用者も多い「製図用」の鉛筆です。鉛筆の濃さの種類が豊富なのが特徴で、これらを使い分けることで、絵の立体感や質感の表現を幅広くできます。普通の鉛筆と何が違うのか、デッサン用の鉛筆とは何が違うのか、デッサン用の鉛筆の使い方、表現方法をしっかりと学べます。プロが教える絵が描きやすくなる鉛筆の削り方、デッサン用の消しゴムとは何か、初心者におすすめの道具を1から学べるので、デッサンに自信がない人にも安心です。

 

正しく形をとり、明暗を付けて立体感の出し方や、基本的な筆づかい、色塗り方法についてデッサン編では学ぶことができます。モチーフの明暗を色で塗り分けて立体感を出し、花の鮮やかさを表現するコツや、花と茎の境目を自然に表現する方法を学ぶことができます。遠近感や奥行きのある草原を表現する色の塗り方や、存在感のある雲を描く方法、色塗りのコツ遠近感が一気になくなる!?避けるべき色の塗り方を学べます。

 

他にもデッサンでは鉛筆を使い分けるのが難しいのですが、その方法を、ネコのデッサンをしながら学ぶことができます。複雑な猫の毛の質感を表現する白い毛や体の模様を自然に表現するコツ、背景を描くときに気を付けるポイントを学べます。

 

これは内容の一部です。正直、これだけ盛りだくさんだと、あと気になるのはお値段です。

 

このプロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座3弾セットでは、12時間近くの講座に色塗り用に下絵が付き、 さらに7種類も絵が描けるとなると、一般的な絵画教室だと 軽く19〜20万円はかかります。(入会金1万+お題代1万+月謝16ヶ月分16万+画材1万円+諸々) さらに、個人指導となると月謝にプラスで5,000円上乗せ、が一般的です。 ですから、適正な価格をと考えた時に、どうしても10万円ほどになってしまいます。

 

ですが、プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座3弾セットの目的は「楽しく」「簡単に」「上達する」ということです。 なのでもっと気楽に、あなたに水彩画を始めていただきたいということで、 思い切って、29,800円という価格で提供されています。ただし、他の類似教材のように道具はついていません。しかし、全部揃えたとしても大きな額にはなりません。 ですから、「よし!絵を描くぞ!」と思い立ってすぐ始められる価格で スタートできます。 すぐに始めたいという人におすすめの水彩画講座です。

 

水彩画教室に通わなくても自宅でラクラク短期上達の水彩画通信講座

詳細はこちら

 

得られるベネフィット

プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座3弾セット(色塗り編・デッサン編・応用編)では、「絵を描く」ということの大まかな基礎知識を学ぶことができ、どうすれば立体的に見えるのか、水彩画独特の描き方、どうすれば上手になるか、などを簡単に学ぶことができます。

 

水彩画はとても難しく才能がないから無理と思いこんでいた方でも、水彩画の特徴と表現方法について絵を上手に描くための基本知識とは?知っているだけで立体的に描ける、絵の表現方法を学ぶリンゴで理解する、立体的にモチーフを描くときのポイント水彩画の技法について簡単に学ぶことができます。

 

あまりにも盛り沢山なので、最初の頃の話を忘れてしまうこともありますがきちんと復習もしますので、しっかりと身につけて覚えることができるのがおすすめポイントです。

 

また、これだけレベルアップすると、「色塗りだけでなく、もっとコツを知りたい!」「DVD解説がわかりやすかったので、他のモチーフも解説して欲しい」と希望される方が多いのでそんな要望にお応えして、デッサン編・応用編も学べます。

 

下絵デッサンもマスターでき、『芸術性』もより深く学べ、ますますあなたの水彩画を美しい作品に仕上げる技術を学ぶことができるのです。もっと本格的に水彩画を描きたい!という方には最適です。

 

3編のDVDを見るだけで、あなたをまるで何年も水彩画を描き続けているかのような域まで導いてくれます。

 

最初の色塗り編で、まず基本的な立体感のある色の塗り方をマスターでき、次のデッサン編で、バランスの整った下絵デッサンを描く基礎をマスターします。最後の応用編で、鉛筆や筆をたくさん使い分けて複雑な水彩画を完成させるなど、より深い部分をマスターします。

 

キャンペーン内容

2016年6月28日(火)19:00までに申し込みの方限定で3つの豪華特典

 

水彩画教室に通わなくても自宅でラクラク短期上達の水彩画通信講座

詳細はこちら

 

特典1 「水張り」解説DVD

紙が凸凹になるのを防ぎ、あなたの水彩画を美しく仕上げる方法を伝授してくれる!
水彩画必須のテクニックである「水張り」を動画で詳しく解説します。水張りって何?という方にはますます必見の内容です。水をたっぷり使う水彩画では絵を描く紙が水によって膨張し、紙がデコボコになって作業を進めるのに邪魔になったり、額に入れると影ができたりします。
そのボコボコと波打つ状態を予防する処理が「水張り」です。絵を描く前にこの処理をしていれば、紙がピンっと張ったまま美しい水彩画作品を楽に仕上げることができます。特典映像ではその水張りを本編と同様に見てすぐ分かる動画で、上西先生が直接、初心者でもカンタンに出来る方法を解説しています。この特典映像を見れば、水張りを知らなかった方もカンタンに、実践できること間違いなし。
※この特典はDVDです。

 

特典2 デッサンを楽にはじめるガイド付き下絵(3種類)

「デッサンをぐっと楽にはじめるガイド付き下絵 チューリップ、海辺の風景、イヌの3枚セット
デッサンを描く際に、「いきなり形を取るのがどうしても難しい」そう思っていませんか?そこで、まずは輪郭線とガイド線が入った下絵に、デッサン編のDVDを参考に細かい部分を描き込む練習をしてみましょう。
・あらかじめ描かれた輪郭線に、細かい部分や影を描き込んで、まずは鉛筆の使い方や消しゴムの使い方に慣れる!
・目印の線があるから、バランスの整った下絵デッサンが描きやすい!
練習ができて慣れてきたら、次は下絵デッサンをはじめから描いてみましょう。段階を追って練習できるので、苦手な方も下絵デッサンの基本を少しずつ身につけることができます。
※この特典はご購入後のメールに入手方法を記載されています。

 

特典3 運気がアップする絵の飾り方

完成した作品を飾るピッタリの場所とは?「運気がアップする絵の飾り方」
絵を飾るぴったりの場所がわかります。
自慢の作品が完成したら、ぜひ「額」に入れて飾りたい!でもどこに飾ろうかな?と迷ったときも大丈夫です。
風水に基づいて、この水彩画講座で描く「絵」ごとに、それぞれおすすめの飾る場所をご紹介します。
・「チューリップの絵」を飾ると良い部屋とは?
・「田舎の風景の絵」を飾ると良い方角とは?
・「イヌの絵」を飾る際に避けたほうが良い場所とは?
運気もアップするぴったりの場所に飾れば、さらに絵を描く喜びの気持ちも高まります。ぜひ参考にして自慢の作品をお家で飾ってみてください。
※この特典は購入後のメールに入手方法を記載されています。

 

水彩画教室に通わなくても自宅でラクラク短期上達の水彩画通信講座

詳細はこちら

ホーム RSS購読